なばなの里 イルミネーション 混雑

三重県桑名市にある「なばなの里」は年中美しい花を鑑賞できる施設ですが、国内最大級のイルミネーションが楽しめるスポットでもあります。

私もなばなの里には何度か訪れたことがありますが、年々パワーアップしており、毎年行っても飽きないと感じるほど魅力的なイルミネーションになっています。

国内最大級ということもあり、なばなの里のイルミネーションを見に来る人は東海圏だけではなく関西圏、関東圏からも多くの観光客が訪れ、この時期はとても混んでいます。

そこで今回は、なばなの里の混雑状況とオススメのイルミネーションを紹介します。

 

スポンサーリンク

 

なばなの里のイルミネーション開催期間

■開催期間
2017年10月14日(土)~2018年5月6日(日)

■点灯時間
17:00~19:00の間に点灯開始。
※日によって異なります。

■営業時間
9:00~22:00
(土曜日、休日、12/25、12/28、12/29、1/2~1/4、3/1~5/6)

9:00~21:00
(平日、12/31、1/1)

■料金
2,300円(小学生以上)
※1,000円分の金券付き。園内で利用可能。

 

なばなの里のアクセス

車で行く場合は、湾岸長島ICより15分あるいは長島ICより10分で到着します。

なばなの里併合の無料大型駐車場(5,700台収容)があるため、車でも行きやすいです。

公共交通機関で行く場合は、近鉄「長島駅」から直行バスで約10分です。

 

■楽天でなばなの里の周辺情報や宿を見る
https://kanko.travel.rakuten.co.jp/mie/spot/S24000054_hotel.html?cid=tr_af_1631

 

スポンサーリンク

 

なばなの里のイルミネーションの混雑状況

なばなの里は平日も混雑していますが、最も混雑しているのは土曜日です。

混雑を避けたい場合は、土曜日にはいかない方が無難です。

 

また金曜日よりは日曜日の方が空いていますので、土日が休みの人は日曜日に行くのがねらい目です。

車で行く場合は、イルミネーション点灯開始時間の直前に行くと道路は大混雑して、駐車場に入るのに1時間待ちということもあります。

 

できるだけ混雑を避けるためには、イルミネーションの点灯より早めの15~16時頃、あるいは点灯後の16~20時以降に行くようにしましょう。

公共交通機関で行く場合も同じで、混雑する時間を避けないと直行バスが渋滞に巻き込まれますので注意してくださいね。

 

嫌でなければ雨の日に行くと比較的空いているのでオススメです。

 

また、混雑時は入場チケットを購入するのに30分くらい並ぶこともあるので、事前に購入しておきましょう。

なばなの里の入場チケットは、コンビ二(サークルKサンクス、セブンイレブン)や湾岸長嶋PAなどで購入することができますよ。

 

なばなの里のイルミネーションのオススメのスポット

 

光のトンネル


2006年より毎年展示されている全長200mの光のトンネルのイルミネーションは、見たら感動すること間違いなし!

トンネル内のライトは良く見るとお花の形になっており、とても可愛らしいのが人気の理由の1つです。

 

水上イルミネーション


なばなの里には、日本最大の水上のイルミネーションがあり、幅約5m、長さ約120mの「光の川」を眺めることができます。

イルミネーションの中でも水上にあるイルミネーションは珍しいですよね。

なばなの里の池の中にあり、池の周辺で川の流れのような美しいイルミネーションを見ることができますよ。

 

光の雲海


カップルにオススメなのは「光の雲海」です。

雲海の中にある幸せを呼ぶアーチを通り抜けると、その2人は幸せになれるとか・・・?

口コミで広がり、最近では行列もできているほどなので、ぜひカップルでアーチを通り抜けて幸せをつかんでくださいね。

雲海の先にあるチャペルへ向かって歩くのがオススメです。

 

ツインツリー


なばなの里のシンボルは、チャペルの前にある2本のシンボルツリーです。

ホワイトとブルーに彩られたツリーは、とても存在感がありますよ。

 

くまもとだモン!


なばなの里のメインスポットの1つには、世界最高峰のプログラミングの技術を使った光の演出があります。

2017年~2018年のテーマは熊本で、熊本の魅力をふんだんに盛り込んだ約6分30秒の映像となっています。

もちろん「くまもん」も登場して熊本を躍動感のあるイルミネーションで表した光の演出を楽しんでみてくださいね。

 

スポンサーリンク