旅行 荷物 詰め方 減らす

旅行の荷物を減らしてコンパクトにまとめたいと思っていても、ついついあれもこれも詰め込んでしまいませんか?

せっかく持って行ったのに、結局、旅行先で使わない物もありますよね。

 

旅行の荷物をできるだけコンパクトにまとめることができれば、移動するときも楽ですし、帰りにお土産を入れて帰る余裕もでてきます。

そこで今回は、旅行の荷物のパッキングのコツや荷物を減らしてコンパクトにまとめる方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

旅行の荷物の詰め方のコツ

荷物をうまく旅行バッグにつめるコツは、「硬いものや大きいものから入れる」ことです。

なぜなら硬いものは変形しにくいため、最後に入れると入らないからです。

 

たとえば靴や上着、デニムなどのかさばるものから、先にバッグに詰めましょう。

そのあとに他の洋服や下着類を入れ、最後に化粧品などの小物をバッグに詰め込みます。

 

大きいものから小さいものを順番に入れていくことで、バッグ内に余分な空間ができずに効率的にパッキングできるようになります。

 

また、旅行の荷物を詰める際によく考えて欲しいのが、その荷物は「本当に必要な物」なのかどうかということです。

私は旅行が好きなので頻繁に行きますが、「使うかもしれない物」は結果的に使うことなく、ただの荷物になっただけということが結構あります。

 

あれもこれもと持っていきたくなる気持ちはわかりますが、「使うかもしれない物」を置いていくことは荷物をコンパクトにするために必要なことです。

旅行先にもよりますが、秘境の地にでも行かない限り、大抵のものは旅行先で買うことができますよ。

 

スポンサーリンク

 

旅行の荷物を減らしてコンパクトにまとめるには?

旅行の荷物をコンパクトに軽量化できれば、移動時の負担も少なくなりますよね。

また、旅行バッグに余裕があれば、帰りにお土産をパッキングすることもできます。

 

旅行は行きより帰りの方が荷物が多くなりますので、なるべく荷物はコンパクトにまとめるようにしましょう。

 

■衣類は圧縮袋を使う


衣類の圧縮袋はかなりオススメです。

衣類を圧縮袋に入れたら、押して中の空気を抜くだけで簡単に荷物をコンパクトにできます。

 

圧縮袋のサイズは、小さいものから大きいものまであり、用途によって分けることができてとても便利です。

最近では100円ショップでも手軽に購入ができますよ。

 

ただし、圧縮されればシワになるので、なるべくシワの気にならない服を持っていくようにしましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

No.03 掃除機不要 圧縮袋 10枚セット Mサイズ5枚 Lサイズ5枚 手巻き…
価格:891円(税込、送料無料) (2018/3/26時点)

 

■化粧品類は小分けする


旅行先でも普段使用している化粧品を使いたいものですが、そのまま持って行くのは荷物になりますよね。

100円ショップやドラッグストアに少量の化粧品をいれることができるボトルやケースが売っていますので、小分けして持って行きましょう。

 

また、試供品や1回使い切りタイプの化粧水、シャンプー・リンスなどもありますので、とくにこだわりがない人は、それらを使用すると荷物になりませんよ。

 

■洗濯洗剤を持っていく


長期旅行の場合は何枚も着替えが必要になりますが、全て持っていくのは大変です。

洗濯洗剤を少し持って行けば、旅行先でちょっとした物の洗濯ができるので、荷物を少なくすることができます。

 

■小物は小分けにして袋に入れる


ジップロックなどのジッパー付きのビニール袋は、旅行カバン内の荷物をまとめるのに便利です。

たとえば、化粧品やシャンプー、コンタクトの保存液などの液体類を入れたり、スマホの充電器などを小分けにしてまとめて入れておけば、バッグ内で荷物がバラバラにならずにスッキリとまとめることができますよ。

 

おわりに

旅行の荷物が重いと、移動するだけで疲れてしまいます。

大抵のものは旅先で買うこともできるので、なるべく荷物はコンパクトにまとめ、軽量化するようにしましょう。

 

スポンサーリンク