彼氏 お金 貸して

彼氏に「お金を貸して」と言われて困ったことはありませんか?

いくら大好きな彼氏とはいえ、お金を貸してあげるべきなのか、心を鬼にして断るべきなのか・・・悩む問題です。

そこで今回は、彼氏にお金を貸してと言われたときの対処法についてお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

彼氏にお金を貸してと言われたらどうする?貸さないのはケチなの?

相手が大好きな彼氏とはいえ、お金の貸し借りはとてもシビアな問題です。

もちろん、いろいろな事情や状況がありますので、一概に彼氏に「お金を貸すべきではない」とは言い切れませんが、一般的には貸さない方が良いでしょう。

 

もし、お金を貸す場合は「お金をあげる」つもりで貸さないとダメですよ。

彼氏に貸したお金が返ってこなかったら・・・、あなたはずーっとモヤモヤした気持ちで付き合うことになってしまうからです。

 

私の友人にもいましたが、お金にだらしない彼氏だった場合、返してもらえないことがほとんどです。

なので、あげても問題のない金額であれば、もし彼氏からお金が返ってこなくても諦めることができます。

彼氏 お金 貸して

ただ、注意してほしいのは一度お金を貸してしまうと、これからも彼氏から「お金を貸して」と言われる可能性が高いということです。

一度彼氏にお金を貸してしまったら、その後は断りにくくなってしまいますよ。

 

そして、お金を貸すのを断ったら、「ケチ」と言われたり、怒ったりして彼氏の機嫌が悪くなってしまうかもしれません。

でも、彼氏との関係を悪化させたくないばかりに「お金を貸してしまおうかな・・・」と考えてしまうのは、とっても危険です。

 

「金の切れ目は縁の切れ目」って言葉、聞いたことありませんか?

お金があるうちは優しくされたり、ちやほやされますが、お金が無くなると手のひらを返したように冷たくなる・・・って意味です。


「お金を貸さない」のと「ケチ」とは全く別の話です

それに、あなたが彼氏のことをどれだけ好きでも、お金を貸さないから「ケチ」と言ったり、機嫌が悪くなるような人はオススメできません。

 

なので、彼氏から「お金を貸して」と言われたら、今後のお付き合いについてよく考えてみて下さい。

お金のトラブルがある人と、今後も付き合っていけるでしょうか?

 

男性は一般的に女性より見栄っ張りです。

とくに好きな女性に対しては、情けない姿を見せるのは嫌がる傾向があります。

 

それなのに、お金を貸して欲しいなどと情けない姿を見せるということは、「頼られている」という見方もできますが「都合よく思われている」可能性も高いです。

なのでぜひ一度、「お金を貸して」という彼氏と本当に付き合っていて大丈夫なのか、客観的に考えてみて下さいね。

 

スポンサーリンク

 

彼氏にお金を貸してと言われたときの断り方

彼氏からの「お金を貸して」という申し出を断りたいと思うのであれば、ハッキリと断りましょう。

ときには断る勇気も必要ですよ。

 

■「貸すお金はない」と伝える


「ごめん、私も貸せるほどお金がないの・・・」

と、嘘でもいいのでお金がなくて貸せないということを伝えて断りましょう。

 

断るときのポイントは、少し困っている表情で言うことです。

普段、お金に余裕がある振る舞いをしている人は、「最近○○に使ってしまったから今はムリなんだ・・・」などと言って断りましょう。

 

■正直に「貸したくない」ことを伝える


「私は彼氏だけでなく家族にも友達にもお金を貸さない主義なの」

と、彼氏だけでなく、みんなにお金貸さないということをしっかりと伝えましょう。

もし言えるのであれば、昔、お金の貸し借りでトラブルがあって人間関係が悪化したなど、具体的な話をすると説得力が増します。

 

彼氏 お金 貸して

■泣く


「なんで、私にお金を貸してなんて言ってくるの!?」

などと言って、涙を浮かべてみて下さい。

男性は女性の涙に弱いです。

そして、面倒くさいことを嫌いますので、目の前で泣いている彼女の対応はとても「面倒くさい」と感じます。

 

ましてや泣かせてしまった原因が自分のせいだと感じれば少しは反省するので、それ以上は何も言えなくなると思います。

演技で泣くのは少し難しいですが、泣いてるフリでも大丈夫ですので彼氏の前で泣きながら断りましょう。

 

■理由を聞いて保留にする


どうしても頼まれると断れないという人は、一旦保留にするという手段がオススメです。

保留にするためには、まずは彼氏にお金を貸して欲しい理由をしっかり聞いてみましょう。

もしかしたら彼氏が嘘をついている可能性もありますので、理由を聞いてきちんと真実を見極めて下さいね。

 

そして、彼氏からのお金が必要な理由を聞いたうえで、

「ごめん、今すぐお金を貸すのは難しいから少し考えさせて・・・」

と伝え、お金を貸すか貸さないかは、その場では判断せずに一度保留にしてください。

保留にするということは、一旦は断った形になるので次回も断りやすくなりますよ。

 

また答えを保留にしたら、彼氏からお金の話を切り出されるまで、あなたからは何も言う必要はありません。

場合によっては、彼氏も何も言ってこない場合もありますので。

もし、再度「お金を貸してほしい」と言われたら、「よく考えたけど、やっぱりお金の貸し借りはトラブルの元になるから貸すことはできない」とキッパリ断りましょう。

 

おわりに

大好きな彼氏と今までどんな良好な関係を築けていたとしても、お金のトラブルが発生すると一瞬で泥沼化する可能性もあります。

なので、彼氏とのトラブルを避けたいなら、どんな理由があってもお金は貸さないのが一番ですよ。

私個人の意見としては、彼氏が「お金を貸して」と言ってきたら、その時点で100年の恋も冷めてしまうかもしれませんけどね・・・。

 

スポンサーリンク