バレンタイン メッセージ

バレンタインに片思いの彼にチョコレートを渡すだけでもドキドキしてしまいますよね。

チョコレートと一緒にメッセージを添えて気持ちを伝えたいけど、どんな風に伝えれば良いか悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、片思いの彼へのバレンタインメッセージの書き方と文例を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくさいね。

 

スポンサーリンク

 

バレンタインメッセージの書き方のポイント

片思いの彼へのバレンタインのメッセージの書き方のポイントは、彼が読んで「キュン」としたり「ドキッ」とするような言葉を伝えることです。

 

そうすることで、たとえ今まで恋愛対象に思われていなかったとしても、彼はあなたを意識してしまう可能性が高くなります。

もともと彼があなたのことを気にしていた場合は、両想いになれる日がグッと近づくかもしれません。

 

また、彼との関係性を考えて、一番良い言葉を選ぶことが大切です。

 

たとえば、もう何年も仲良くしている彼に対しては、ストレートに「好き」を伝えると効果があります。

でも、まだ知り合ってお互いよく知らない間柄でいきなりメッセージで「好き」と言われても、困ってしまう男性は多いです。

もし逆の立場だったら、嬉しい反面、困ってしまいますよね。

 

なので、片思いの彼との関係が薄い場合は、それとなく好意があることを伝えて、彼にあなたを意識させるのが得策です

 

バレンタイン メッセージ 書き方

 

また、実際にメッセージを書くときは、短く一言だけ書いた方がいいのか、長文で自分の思いを伝えた方がいいのか・・・ということも悩んでしまうと思います。

 

私の周りでは、「あまり長い文章だと重い・・・」という男性の意見の方が多いので、個人的には長すぎず短すぎずがオススメです。

 

短いメッセージの場合は、「好き」などというようにストレートに気持ちを伝えるようにしましょう。

なぜなら、あいまいな言葉を選んでしまった場合、鈍感な彼には何にも想いが伝わらない可能性があるからです。

 

中には「好き」と伝えるだけでは、「気持ちはわかったけど、どうしたいと思っているのかわからない」と反応に困るという男性もいます。

なので、もし告白する場合は「付き合ってください」というように明確に自分の意思をしますようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

片思いの彼へのバレンタインメッセージの文例

バレンタインメッセージは、告白するのか、彼に意識してもらうようにするかによっても内容が違いますが、どちらも「ありがとう」などの感謝の言葉や褒め言葉を使うのがオススメです。

ありがとうと感謝されて悪い気はしないですし、褒められたら嬉しいですよね。

 

片思いの彼には、「あなたが好きです」「特別です」「気になってます」ということが伝わるようなバレンタインメッセージを書いてあなたの想いを届けてくださいね。

 

  • いつもありがとう。〇〇さんにいつも癒されています。
  • △△している〇〇さんはとても素敵だと思います。
  • 〇〇さんの笑顔が大好きです。
  • 〇〇さんは私にとって本当に大切な存在です。
  • 〇〇さんと一緒にいるととても楽しくて、ドキドキします・・・。
  • 〇〇さんのために心を込めてチョコレートを作りました。
  • 〇〇さんと一緒に△△に行きたいです。一緒に行ってくれますか?
  • 〇〇さんのこと好きになっちゃったみたい。付き合ってください。
  • 〇〇さんの彼女になりたいです。
  • 気づいているかもしれないけど・・・、〇〇さんのことが大好きです!彼女にしてください。

 

スポンサーリンク