産後 抜け毛 ひどい

産後に髪の毛がゴッソリ抜けて、ビックリすることはありませんか?

私も排水溝が詰まりそうなぐらいの抜け毛があり、「何かの病気!?」と焦りました・・・。

産後に抜け毛が増えてしまうのはよくあることなのですが、いったいなぜなのでしょうか?

そこで今回は、産後に抜け毛がひどくなる原因と対策をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

産後の抜け毛がひどい原因は?

産後に抜け毛がひどいのは、妊娠中に赤ちゃんに栄養を与えたので、髪の毛を成長させるための栄養が足らなくなるからと考えられてきました。

 

たしかにそれも影響していると思いますが、産後の抜け毛の原因としてもっとも大きいのは女性ホルモンにあります。

女性ホルモンのエストロゲンというものは、髪の毛を作る細胞の働きに重要です。

 

エストロゲンは別名「美容ホルモン」とか「美肌ホルモン」と呼ばれるほど、皮膚の細胞活性化に大きな役割をするホルモンです。

このエストロゲンは、産後になると急に分泌量が少なくなります。

エストロゲンの減少が毛髪を作る機能を低下させてしまうので、産後に抜け毛が増えてしまうのです。

 

産後 抜け毛 ひどい

 

産後の抜け毛はいつまで続く?

産後の抜け毛は、妊娠から出産の間に大きく変化する女性ホルモンが影響するので、一時的にひどくなるのは仕方ありません。

問題は「いつまで抜け毛が続いてしまうのか?」とうことですよね。

 

産後の抜け毛がひどい期間は、産後半年~1年くらいが平均ですが、いつまで抜け毛が続くのかは出産後の環境によって大きく差が出ます。

 

赤ちゃんを母乳で育てていると、髪の毛を生やすために欠かせないタンパク質が不足することがあります。

母乳育児をしていて、さらに産後ダイエットで食事制限をしていると、髪の毛にも頭皮にも栄養が行き渡らなくなって抜け毛がひどい状態が続くことも・・・。

 

抜け毛が少なくなってから半年くらい経過すると、髪のボリュームも徐々に元に戻ってきます。

また、母乳をとめると妊娠前の状態にホルモンバランスが戻るのが女性の体の仕組みなので、断乳してしばらくすると抜け毛も少なくなってきますよ。

 

ただし、無理な産後ダイエットで栄養不足になっていると、抜け毛が少なくなったとしても髪のボリュームが少ないまま・・・という可能性もあるので注意してくださいね。

 

スポンサーリンク

 

産後の抜け毛対策は?

産後の抜け毛を防ぐためには、毛髪を育てる頭皮の環境を改善することと、体の内側から髪を育てるために必要な栄養を与えることが大切です。

 

私は産後3か月くらいのときに美容院に行って、美容師さんに抜け毛について相談してみました。

「毛穴の汚れのせいではないか?」とアドバイスを受け、頭皮の毛穴をきれいにするヘッドスパをしてもらったところ、抜け毛の量が劇的に減ってビックリしましたよ。

 

確かに産後は赤ちゃんと一緒にお風呂に入ることが多く、いつも髪の毛を急いで洗ってたので頭皮まではよく洗えてなかったかもしれません・・・。

美容院でヘッドスパを受ける時間がない場合は、頭皮の汚れを落とすように髪の毛をしっかり洗うだけでも抜け毛予防に効果がありますよ。

 

産後 抜け毛 対策

 

また、産後は女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少するので、エストロゲンの代わりになる大豆イソフラボンを補うようにしましょう

大豆イソフラボンは、植物性エストロゲンとも呼ばれます。

 

大豆イソフラボンはエストロゲンの働きとよく似ているので、大豆製品をしっかり摂ることは産後の抜け毛対策に効果的です。

さらに大豆製品は植物性たんぱく質を多く含むので、母乳を与えているお母さんのタンパク質の不足を予防するのにも効果が期待できますよ。

 

産後は夜中も授乳のために寝不足になることもあり、慣れない育児でストレスを抱えることもあります。

ストレスも抜け毛につながることがあるので、慣れない育児は一人で抱え込まず、周りの人に協力してもらうようにしましょうね。

 

おわりに

髪の毛には毛周期という生え変わりのサイクルがあります。

産後の抜け毛が少なくなっても、すぐに髪が増えるわけではないので、焦らず元に戻るまで待ちましょう。

産後の薄毛が気になる・・・というときは、ウィッグなどを活用して抜け毛の時期をうまく乗り切ってくださいね。

 

スポンサーリンク