カフェイン 妊娠 なぜだめ

妊娠中にカフェインを摂取するのは良くないといわれていますよね。

でも、妊娠していても大好きなコーヒーや緑茶が飲みたくなってしまうこともあると思います。

妊娠中にカフェインは何故ダメなのでしょうか?

妊娠中にカフェイン飲料が飲みたくなったらどうしたらいいのでしょうか?

そこで今回は、妊娠中にカフェインがダメな理由とともにオススメの飲み物を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

カフェインは妊娠中になぜだめなの?

お母さんが飲んだコーヒーや緑茶などに含まれるカフェインは、胎盤を通してお腹の中の赤ちゃんに吸収されます。

 

アメリカの研究結果によると、カフェインを1日200㎎以上摂取する女性は、カフェインを摂取しない女性より流産の確立が2倍上がるということがわかっています。

 

またイギリスの研究では、カフェインの摂取量が高ければ高いほど未熟児の生まれる可能性が高くなるという結果も・・・。

カフェインの摂取量が1日100㎎以下の妊婦と比較して、1日300㎎以上摂取する人は、なんと50%以上も未熟児の可能性が高くなるそうです。

そのためイギリスの食品基準庁では、妊婦が1日に摂取できるカフェインは200㎎までとしているんです。

 

カフェイン 妊娠 なぜだめ

 

カフェインを多くとりすぎると、お腹の赤ちゃんに影響がでてしまうのは怖いですよね・・・。

 

日本では、とくにハッキリと決まっているわけではないようですが、1日のカフェイン摂取量は150㎎程度くらいに抑えておいた方がよいといわれています

 

■カフェイン含有量(100ml)

コーヒー:60㎎
玉露:160㎎
煎茶:20㎎
紅茶:30㎎
ウーロン茶:20㎎

 

妊娠中にコーヒーや緑茶を飲みたいときは?

1日のカフェイン摂取量を150㎎とすると、コーヒーは1日に1~2杯、緑茶は3~4杯程度なら飲めますが、お腹の赤ちゃんのことを考えると少しでもカフェインのリスクを減らしたいものです。

 

なので、コーヒーや緑茶が飲みたいときは、カフェインレスのものを飲むことをオススメします。

 

ドラッグストアなどには、妊婦さんをターゲットにしたカフェインレスのコーヒーや緑茶がたくさん売っています。

たくさん種類があるので、いろいろ試して自分の気に入った味のコーヒーや緑茶を探してみましょう。

 

私も妊娠中にカフェインレスのコーヒーを試してみましたが、とくに違和感もなく美味しかったので、買いだめして飲んでいました。

 

カフェインは妊娠中だけではなく、赤ちゃんが生まれてからも母乳を通して赤ちゃんにカフェインが流れていかないように気をつけないといけません。

カフェインレスの気に入ったコーヒーや緑茶があれば、産後の忙しい時期に買いに行かなくてもいいようにスットクしておくといいですよ。

 

スポンサーリンク

 

妊娠中にオススメの飲み物は?

妊娠中に一番オススメの飲み物は「麦茶」です。

麦茶は、食物繊維、ミネラルといった体に必要な栄養も摂取でしますし、何よりノンカフェインなんですね。

 

また、妊娠をきっかけにウォーターサーバーをレンタルする人も多いです。

簡単に安心な水が飲めますし、最近ではお湯が出てくるものがあるので、赤ちゃんが生まれてからのミルク作りにも便利ですよ。

 

つわりが辛くて何も飲みたくないときにオススメなのはレモン水です。

飲んだ後のさっぱり感が気持ちよく、私も妊娠中はよくレモン水を飲んでいました。

レモン水の作り方は、水やお湯にレモンの果汁を入れるだけなので簡単です。

 

妊娠 オススメ 飲み物

 

また、つわりの時には炭酸飲料もさっぱりしてオススメです。

でも炭酸飲料は糖分が多く含まれているものがあるので、飲み過ぎには注意しましょう。

 

とくにコーラにはカフェインが含まれています。

コーラのカフェイン含有量は100mlあたり10㎎とあまり多くはないですが、気になる方はカフェインレスのコーラを飲むようにしましょう。

 

妊娠中はとくに飲み物でお腹を冷やしてはいけないので、なるべく常温で飲むようにしてくださいね。

 

スポンサーリンク