連休明け 仕事 行きたくない

ゴールデンウィーク、お盆休み、お正月休み・・・。

長期休みに入る前というのは、楽しみでしょうがないですよね。

でも楽しい時間はあっという間に過ぎてしまうものです。

 

休みが1日ずつ終わり、仕事に行かなくてはいけない日が近づくと、どんどん憂鬱な気持ちになってしまう・・・っていう人は多いと思います。

私もそうです(^^;

 

どうして連休明けは、仕事に行くのが嫌になってしまうのでしょうか?

そこで今回は、連休明けに仕事が嫌になる原因やその対処法について紹介します。

 

スポンサーリンク

 

なぜ連休明けは仕事に行くのが嫌になるの?

連休が近づくと連休の間は何をして過ごそうか、どこに行こうかなど、いろいろな計画をたてますよね。

 

連休に思いっきり楽しむために、仕事を頑張るという人も多いと思います。

長期休みというものは、仕事をしている多くの人にとって楽しみなものといえるでしょう。

 

逆に仕事は大変なことも多く、ストレスも感じやすいために「仕事に行くのが楽しみでしょうがない」という人は少ないんではないでしょうか・・・?

そのため、休みが長ければ長いほど、「休みの楽しさ」と「仕事の大変さ」を感じてしまうため、連休明けに仕事に行くのが嫌になってしまうのです。

 

また連休中は朝遅く起きたり、夜遅くまで寝ていたりと普段仕事をしている生活リズムとは異なる生活リズムになってしまいますよね。

一度生活のリズムが崩れると、そう簡単には身体が元には戻せません・・・。

生活のリズムを戻すことにストレスを感じることも、仕事に行きたくないと思ってしまう理由のひとつです。

 

また連休後、何日も休んだことで仕事が忙しくなるということもありますよね。

休みボケという言葉もありますが、連休後で生活のリズムが乱れることで仕事のリズムも乱れ、ミスをしがちになることも・・・。

 

このように「仕事がたまって忙しい」「仕事をしなくてはいけない」というマイナスの感情も、さらに仕事に行きたくないという感情に拍車をかけてしまう原因になっています。

 

スポンサーリンク

 

連休明けに仕事が憂鬱にならないようにするには?

連休後に仕事が行きたくないという感情に対して、連休に入ってから対策をするのは遅いです。

実は、連休前から対策をしておくことで、負の感情を軽減することができます。

 

連休前にまず考えておきたいことは、連休中の過ごし方です。

 

休みの間中、遊びの予定をいっぱい詰め込んでしまっては、疲れがとれないまま仕事に向かわなくてはいけなくなります。

疲れがたまっている状態のまま仕事になれば、精神的にも不安定になりやすく、動きも鈍くなり、仕事のミスも出やすくなってしまいますよね。

 

そうならないためには、とくに連休の最後の日はゆっくりと過ごして、連休中の疲れをとるようにすることが大切です。

 

また連休後、仕事が忙しくなるという場合は、連休に入る前に休み明け以降の仕事の段取りをまとめてメモしておきましょう。

とくに休み明けは、仕事をやり忘れてしまうというミスが多く出やすくなります。

そういったケアレスミスを防ぐためにも、何をやらなくてはいけないか、連休前にまとめておくと安心ですよ。

 

連休明け 仕事 ミス 不安

 

また、連休中にもっとも意識したいことは、生活のリズムを仕事の日となるべく変えないようにするということです。

 

とくに休みになると夜更かしをしたり、昼寝をしたり・・・、睡眠のリズムが乱れがちになりますよね。

また、朝起きる時間や寝る時間だけでなく、食事の時間もなるべくは乱れないように気をつけて生活するようにしましょう。

 

もし休み中に乱れた生活になってしまった場合は、仕事が始まるまでに少しずつ生活のリズムを戻すように調整していきましょう。

 

連休中は旅行に行ったり、外出して楽しむアウトドア派ばかりとは限りませんよね。

私なんかはインドア派なので、家でダラダラと過ごしてしまいがちです・・・。

 

でも、連休の間ダラダラと過ごしてしまうと身体がなまってしまいます。

連休中は1日中ダラダラと過ごしてしまうという場合は、身体がなまらないように適度な運動を心がけましょう。

運動といってもストレッチをするだけでもOKです。

 

軽い運動はストレスの解消にもなりますし、気持ちをリフレッシュさせる効果もありますよ。

また連休明けにテキパキと仕事をこなすためにも、軽い運動を連休中にしておくことをオススメします。

 

おわりに

休みというものは身体を休める、リフレッシュするためにとても大切なものです。

そのため、休みを存分に楽しむこともとっても大切です。

しかし、仕事と休みにあまりに差を作ってしまうことは、休み明けに仕事に行きたくない原因になってしまいます。

なので、仕事に行くのが嫌にならないためにも、生活のリズムを崩さず、ゆとりをもって連休を過ごすことをオススメします。

 

それに1つの連休が終わっても、また次の連休がありますよ(*^_^*)

連休の最終日にゆっくり休みながら、「次の連休に何をしようかな」など、計画をたて始めるのもいいのではないでしょうか。

次の楽しみが出来れば、仕事に行くことへの憂鬱な感情も少しはなくすことが出来るかもしれませんよ。

 

スポンサーリンク