敬老の日 プレゼント 花 種類

敬老の日にプレゼントするお花といったら、リンドウが定番といわれていますよね。

でも、なぜリンドウの花を贈るのでしょうか?

リンドウの花を贈る理由とともに、リンドウ以外で敬老の日に贈るのにふさわしい花の種類と花言葉について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

敬老の日にリンドウの花を贈るのはなぜ?

9月になると花が咲き、市場に出回り始めるリンドウ。

花言葉は「正義」「誠実」「愛情」です。

花言葉を見るだけでは、敬老の日にプレゼントする理由がピンときませんよね。

 

実は、リンドウが敬老の日に贈られるようになったのは、花言葉じゃなくて色が関係しています。

 

リンドウの花にはの二色があります。

白のリンドウは別名「白寿」と言われ、99歳のお祝い「白寿」と同じです。

だから、長寿を願うには最適とされています。

また、紫は聖徳太子の時代から高貴な色とされているので、最大限の敬意を払うにはふさわしいとされているんです。

 

その他にもリンドウの根が薬として使われていたから、という理由もあるみたいですよ。

おじいちゃんおばあちゃんの健康を願う意味も込められているのですね。

 

「9月になるとリンドウが出回るから、敬老の日にはリンドウの花を贈るのかな?」ぐらいにしか思っていませんでしたが、きちんとした意味があったんですね。

 

スポンサーリンク

 

敬老の日に贈りたい花言葉は?

敬老の日にプレゼントする花に決まりはありません。

定番はリンドウですが、他の花でも大丈夫です。

なので敬老の日には、花言葉で長生きや感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか?

 

■バラ


リンドウと同じくらい敬老の日にプレゼントするお花として、人気が高いのはバラです。

バラにはいろいろな色があり、色ごとに花言葉も違います。

私がおススメするのは、ピンク紫のバラです。

 

ピンクのバラの花言葉は「温かい心」「幸福」。

長寿を願う意味でも、「幸福」はピッタリだと思いませんか?

 

紫のバラの花言葉は「尊厳」「エレガント」「誇り」。

「尊厳」や「誇り」は、長生きしてくれたおじいちゃんおばあちゃんに感謝の気持ちを伝えるのにふさわしいと思います。

 

年配者に贈る花として青もステキだとは思いますが、花言葉が「奇跡」なんですよね。

私としては、長生きしたことを奇跡というのは違う感じがするのでおススメは出来ません・・・。

 

■胡蝶蘭


贈り物の花として定番の胡蝶蘭。

花言葉も「幸福が飛んでくる」なので、敬老の日のお祝いにもピッタリですよね。

品種改良されて紫の胡蝶蘭もあるみたいですよ。

 

■万年青(おもと)


万年青は観葉植物で、一年を通して色あせる事がありません。

いつも青々としている万年青の花言葉は「長寿」。

敬老の日に長生きを願う贈り物としては、最適な花言葉ですよね。

 

 

他にも「高貴」の花言葉をもつデルフィニウム、「威厳」「尊重」の花言葉をもつ白いユリなども良さそうです。

フラワーアレンジメントを作る時、わき役としてお花を引き立ててくれるカスミソウも「感謝」の意味があるので、花束を作る時は忘れずに入れてみてくださいね。

 

まとめ

敬老の日にプレゼントするお花を紹介しましたが、参考になりましたか?

お花のプレゼントはいくつになっても嬉しいものです。

ぜひ、今年の敬老の日は長生きや感謝の気持ちを込めてお花をプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク