食べ過ぎ 体重 戻らない

食べ過ぎて体重が増えたとしても、すぐに元に戻るはず・・・と油断していたら、全然体重が減らなくて焦ったことはありませんか?

食べ過ぎて増えた体重が戻らなかったら、もう体重は減らないのでしょうか・・・。

 

そこで今回は、食べ過ぎで増えた体重が戻らない理由、そして体重を元に戻すための方法について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

食べ過ぎで増えた体重が戻らない理由

食べ過ぎた翌日、食べ過ぎた分、食事を抜いたり量を減らしたりして体重を戻そうとすることがありますよね。

実は、この食事抜いたり減らしたりすることが、体重が戻らない原因を作ることになります。

 

もちろん、食事を抜くことで体重を落とすことができる人もいます。

しかし、この場合に減った体重は水分だったり、筋肉であることがほとんどです。

 

実際は、食事を抜くことで筋肉が減ることで体の代謝も悪くなりますし、急激に食事量が減ることで体が飢餓状態を感じてしまい、かえって体が脂肪を蓄えやすい状態になってしまうのです。

 

つまり、食べ過ぎたからと言ってムリな食事制限をすることは、かえって体脂肪を増やし、体重が戻りにくい体質になってしまうので注意しましょう。

 

スポンサーリンク

 

食べ過ぎで増えた体重を元に戻す方法

食べ過ぎで増えてしまった体重は、できれば早めにうちに落としたいものです。

 

じつは、食べ過ぎてしまった翌日に増えている体重は、そのほとんどが水分です。

食べ物は消化されてエネルギーに変わったり、脂肪にとして体内に蓄積されますが、この変化までに2日程度かかるといわれています。

 

つまり、脂肪に変わる前に余分な水分や栄養素を体外に排出してしまえば、体重は早めに元に戻すことができるのです。

 

しかし、頑張ってもすぐには体重が落ちないこともあります。

 

その場合、少し余裕を持って、2週間くらいかけてゆっくり体重を落としていくことが大切です。

早く体重を元に戻したいからと焦り、急激なダイエットを行うことは絶対にしないようにしましょう。

 

食べ過ぎ 体重 戻らない

 

体重を元に戻すために気をつけることは、まず食事です。

 

体重を減らしたいからといって食べないということは体に良くありません。

しかし、いつも通りの食事をしていては、体重が減ることもありません。

 

とくに気をつけたいのは、食べ過ぎた体重が元に戻らないうちに、さらに食べ過ぎてしまうことです。

食べたものはすぐには脂肪にとして蓄えられませんが、さらに暴飲暴食をしてしまっては体重が減らなくなってしまうので気をつけましょう。

 

 

■水分を摂る


まずは、身体の代謝を上げるためにも水分をこまめにとりましょう。

 

1日に必要な水分量は体重×30mlといわれています。

体重50kgの人の場合、約1.5リットルの水分が必要です。

 

ただし、水分は一度に大量に飲むのはよくありません。

こまめに水分をとり、体内に溜まった不要な老廃物を排出させていきましょう。

 

冷たい飲み物は体を冷やしてしまうので、なるべく常温や温かい飲み物を飲むようにしてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

■胃腸にやさしい物を食べる


食べ過ぎてしまって増えた体重を元に戻すには、胃腸の働きも大切です。

食べ過ぎによって胃腸の働きが弱まっていると、基礎代謝が低下して体の脂肪が燃えにくなってしまうことが考えられます。

 

そのため、食べ過ぎた後に胃腸の調子が良くない場合は、胃腸に優しいものを摂るように心がけましょう。

温かいうどんやスープなど、消化が良く体が温まるものがオススメです。

 

また、食べ物の消化を良くするために、よく噛んで食事をするということも大切です。

たくさん噛んでゆっくり食事をすることで、少ない量でも満腹感を感じられるようになり、自然と食事の量を減らすことができますよ。

 

早食いになりやすい人はとくに、ゆったりと食事の時間を持つようにしてみてくださいね。

 

 

■ヨガやストレッチをする


胃の働きを良くしたり、消化の働きを良くするにはヨガやストレッチも効果的です。

運動が苦手な人でもムリなく行うことができるので、試してみてくださいね。

 

 

おわりに

食べ過ぎて体重が戻らなくなってしまったからといって、ムリなダイエットをするのはやめましょう。

すぐには体重が落ちなくても、食べ過ぎを繰り返さなければ徐々に体重は元に戻っていくはずです。

 

どうしても早く体重を戻したい場合は、2週間を目途に水分や食事、運動を意識して頑張ってみてくださいね。

 

スポンサーリンク