パスタダイエット 効果

パスタといえば炭水化物なので、「炭水化物=太る」というイメージがあり、ダイエットの敵のような気がしますよね。

しかし実は、毎日パスタを食べてダイエットすることが可能なんです。

 

そこで今回は、パスタダイエットの効果とやり方についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

毎日パスタを食べると痩せるって本当?

炭水化物は多く摂取すると脂肪になりやすいため、ダイエット中はなるべく避けた方がいいとよく言いますよね。

 

もちろん、パスタにも炭水化物を多く含んでいます。

そんなパスタがなぜダイエットに向いているのかというと、パスタは炭水化物の中でも比較的GI値が低い食べ物だからです。

 

GI値とは、グリセミック・インデックス(Glycemic Index)の略で食後の血糖値の上昇度を示す指数のことです。

食品ごとにGI値が定められているのですが、このGI値が低いほど血糖値の上昇が緩やかになります。

 

なぜ、血糖値の上昇を抑えた方がいいのかというと、血糖値の急激な上昇は、太りやすくなったり空腹を感じやすくなるためです。

 

血糖値が急激に上昇すると、血中の糖を処理するためにインシュリン(インスリン)というホルモンが大量に分泌されます。

インシュリンは脂肪合成を高め、脂肪分解を抑制する作用を持っています。

つまり、インシュリンが大量に分泌されてしまうと、脂肪を分解せずに溜め込むようになってしまうため、太りやすくなってしまうのです。

 

また、血糖値が急激に上がると、その後急激に下がるため、低血糖状態になり、空腹を感じやすくなります。

その結果、食べ過ぎにもつながってしまいます。

 

そのため、ダイエットには、血糖値の上昇が緩やかなGI値が低い食品が有効なのです。

パスタは炭水化物の中でもGI値が低いため、うまく活用すればダイエットにも効果があるというわけです。

 

スポンサーリンク

 

パスタダイエットの効果的なやり方

パスタダイエットは、主食をパスタに変えるダイエットです。

3食パスタにするのは難しい場合は、1日3食のうち1食をパスタに置き換えてみましょう。

 

パスタは、生パスタではなく乾燥パスタを茹でて食べてください。

乾燥パスタの中でも全粒粉のパスタを選ぶとGI値がさらに低くなり、ダイエットの効果がアップしますよ。

 

パスタソースは、クリーム系は脂質が高くカロリーも高いため、トマトベースやオイルベース、和風ベースを選ぶのがオススメです。

いくらGI値が低いパスタとはいえ、高カロリーになってしまってはダイエットになりませんからね。

 

パスタに使用する具材も栄養バランスを考えて、肉や魚介、野菜やキノコをたくさん入れるようにしましょう。

大きめの具材を入れれば噛む回数も増えるので、満腹感も得られるようになるのでオススメですよ。

 

また、パスタはズルズルとすすって食べるため、早食いになりがちです。

食べ過ぎを防ぐためにも、ゆっくり時間をかけて、よく噛むようにして食べるようにしてください。

 

サラダやスープと一緒に食べるのもオススメです。

パスタは炭水化物の中ではGI値が低いですが、一口目から食べてしまえば血糖値が上昇しやすくなります。

 

そのため、まずはサラダやスープなど、よりGI値の低い食品から食べ始めるようにしましょう。

サラダやスープを食べた後にパスタを食べることで、血糖値の上昇がより緩やかになり、ダイエット効果も期待できますよ。

 

おわりに

パスタでダイエットできるのなら、パスタ好きにはやらない手はありませんよね。

パスタソースを工夫すればいろいろな味が楽しめますし、ムリなく続けられそうです。

 

ただし、食べ過ぎたり高カロリーのソースをかけてしまっては効果はないので、その点には十分気をつけてくださいね。

 

スポンサーリンク