化粧品 消費期限 開封後

化粧水や乳液など、肌のお手入れに使う基礎化粧品の消費期限について気にしたことはありますか?

食品や調味料には賞味期限や消費期限が表示されているので目安はわかりますが、市販の化粧品には消費期限を明記しているものはほとんどありません。

肌に直接つける化粧品の品質は、一体どのくらい保たれているのでしょうか?

そこで今回は、化粧品の使用期限と開封後の消費期限の目安をお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

化粧品に使用期限はある?

医薬品には使用期限が表示されているので、購入するときや塗るときには使用期限を確認することができますよね。

でも、ドラッグストアなどで化粧品を購入する時に、使用期限をチェックすることはほとんどないと思います。

そもそも化粧品に使用期限は書いてないので、確認しようがないんですけどね・・・。

 

実は医薬品医療機器等法という法律で、化粧品は製造日から3年以上使えるものは使用期限を表示しなくてよい決まっています。

なので、たとえ明記されていないとしても、一般的な化粧品は、未開封の状態では3年以内が使用期限の目安とされています。

 

使用期限の表示のない化粧品は3年以上使えるものなので、3年を過ぎても使えるものがあるかもしれません。

でも、たとえ未開封の状態であっても、3年以上経過した化粧品は肌トラブルの原因になることがあるので使わないようにしましょう

 

化粧品 使用期限 いつ

 

化粧品の消費期限は開封後いつまで?

開封後の化粧品の消費期限は、その製品によって違いますが、常温で保存できるものなら3ヶ月~6か月くらいが目安とされています。

 

でも、肌に栄養を与えたり、保湿したりする化粧品を常温で保存できることがそもそも不思議なことですよね。

 

常温で保存できる化粧品には、品質を維持するための保存料や防腐剤が使用されています。

保存料や防腐剤のおかげで、化粧品を開封しても数か月間もの間、常温に置いておいても使えるわけです。

 

たとえ無添加化粧品として販売されていても、常温で保存できる化粧品には、表示義務のない保存料や防腐剤が使用されてます。

 

もしも、6か月以内に使い切れずに残ってしまった化粧品は、とても勿体ないですが使わない方が安全です

化粧品によっては雑菌が繁殖していたり、酸化してしまうことがあるからです。

雑菌の繁殖や参加してしまった化粧品は、どれほど高級な化粧品でも肌に良くないですよ。

 

化粧品を早く使い切る自信がない場合は、開封後から冷蔵庫に入れて保存をすると品質の劣化を少しだけ伸ばすことができます。

 

スポンサーリンク

 

常温保存できない化粧品とは?

通常、化粧品は常温で保管していますよね。

直射日光を避けることや高温になる場所を避ければ、化粧品の保存方法は、そんなに神経質にならないものです。

 

ただし、化粧品のブランドによっては使用期限の目安を設けていることがあります。

使用期限が明記されている化粧品は、期限を設けている理由がありますので、使用期限内に使い切るようにしましょう。

 

たとえば保存料や防腐剤などの使用を控えている化粧品の中には、開封前もしくは開封後に冷蔵保存することを推奨しているものがあります。

保存料などの使用を控えている化粧品は、品質を保つために温度管理が必須となっているのです。

 

冷蔵保存しなければいけない化粧品には、消費期限もわかりやすく明記されているはずですから、期間内に使い切れるようにしましょう。

 

肌に不要なものを与えることに不安を感じている人は、天然オイルやアロマエキスなどブレンドして、ハンドメイドの化粧品を作って冷蔵庫などで保管していると思います。

手作り化粧水などは入っている材料によっても多少違いますが、冷蔵庫で保存して、長くても2週間くらいで使い切るようにしましょう。

 

スポンサーリンク