目元 たるみ 改善

目の下のたるみがあると、見た目に老け顔に見られてしまいますよね。

私も気づいたら目の下のたるみがすごいことになっていて、ビックリしたことがあります。

年齢を重ねると目元がたるんでしまうのは仕方のないことですが、少しでもたるみを解消して若々しい印象を保ちたいですよね。

そこで今回は、目の下のたるみの原因と改善方法をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

目の下のたるみの原因は?

目の下のたるみができる原因には、加齢による皮膚のたるみが大きく影響しています。

 

目の下のたるみは、目の周りの筋肉(眼輪筋)が弱くなってしまうことで起こります

年齢を重ねると筋肉も弱くなってしまうので、顔の皮膚を支える筋力が低下してたるみやシワができるのです。

 

ですが、加齢による皮膚のたるみ以外にも目の下がたるむ原因はあります。

たとえば、目を酷使していると年齢に関係なく筋肉が低下することがあるのです。

 

パソコン、スマホ、タブレットなどを使って、毎日、目を使いすぎていませんか?

液晶画面を見続けてまばたきの回数が減ってしまうことで、目の周りの筋肉が弱くなり、目の下の皮膚がたるんでしまうことがあります。

 

筋肉が弱くなると、目の周りには皮下脂肪が増える傾向に。

年齢を重ねると眼窩脂肪(がんかしぼう)という目の下の皮膚のふくらみが出てくることがありますが、これが筋肉の弱まりと関係しているのです。

 

筋肉の動きが弱まることで、目の下に脂肪を溜めるようになると、皮膚は脂肪を支えられなくなってたるみを生んでしまいます。

脂肪が増えて目の下が膨らむと、それが陰影を作って余計にたるみをひどく見せることもあるわけです。

 

また、目を使い過ぎていると、視るために動かされる眼球の奥の筋肉が疲労で硬直することがあり、それが原因で目の周りの血流が悪くなるとクマができてしまうことも・・・。

 

目が疲れやすい人ほど、目の下のたるみやクマを作る条件が揃いやすいので目の使いすぎには注意しましょう。

 

スポンサーリンク

 

目の下のたるみを改善する方法

目の周りの皮膚はとてもデリケートなので、たるみの改善にはマッサージなど摩擦を与える方法は向きません。

 

ここでは、目の下のたるみの改善に効果が期待できる方法を3つ紹介します。

目元のたるみをスッキリさせて老け顔を解消しましょう!

 

■スキンケア


角質層が薄い目の周りの皮膚はとても乾燥しやすいので、保湿はとても重要です。

ヒアルロン酸、セラミドが配合されたアイクリームなどで、しっかり保湿して潤いを与えましょう。

目の下のたるみはコラーゲンが不足すると悪化してしまうので、コラーゲンもしっかり補うようにしましょう。

 

■ツボ押しで目元スッキリ


目尻の斜め下の救後(きゅうご)というツボを通り、目尻に向かって軽くはじくように指で押していきます。

救後のほかに目の下の骨の少し上にある承久(しょうきゅう)というツボも、目の下のたるみの改善に効果があるツボです。

ツボを押す時は眼球を圧迫しないように、下に向かって押すようにしてくださいね。

 

 

■目の下のたるみに効くエクササイズ


目の下のたるみに効くエクササイズ

  1. 口を「お」の発音の形にして目の下をしっかり伸ばす。
  2. その状態のまま目線を上げて、目の下の皮膚を上と下で引っ張りあう状態にする。
  3. 上下に引っ張り合う状態のまま、下まぶただけを上げて目を細める。
  4. この動きを5回繰り返す。

目の下のたるみに効くエクササイズのポイントは、下まぶたを上げる時に口元がゆるまないようにすることです。

また、おでこにしわが寄らないように注意してくださいね。

朝晩の1日2回を目安にエクササイズを続けてみると効果的ですよ。

スポンサーリンク