かかと 乾燥 原因 対策

気が付いたら足のかかとがガサガサしている・・・ということはありませんか?

顔や手の乾燥対策はやっても、かかとは意外と疎かにしてしまいがちですよね。

 

自分のかかとを確認して、「ガザガザしている」「ヒビが割れている」「硬くなっている」「白くなっている」などの状態になっていたら早めにケアをしましょう。

 

かかとのガサガサは露出の多い春夏はだらしなく見えますし、秋冬は乾燥でガサガサが悪化して痛みやかゆみがでるなど解消しにくい状態になることも・・・。

そこで今回は、ガサガサかかとの原因と対策を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

かかとが乾燥してガサガサしてしまう原因は?

かかとの乾燥は、顔や手の乾燥と違ってケアをしても治りにくいので、なかなかやっかいですよね。

かかとの乾燥を放置してしまうとガチガチに硬くなり、ヒビ割れて痛くなってしまうこともあります・・・。

 

■乾燥が原因


かかとが乾燥しやすい原因は、「皮脂腺」がないからです。

皮脂腺は保湿するための皮脂を分泌しますが、かかとにはないので乾燥しやすいのです。

 

また、皮膚の表面には角質層がありますが、かかとは角質の厚さが顔の約10倍といわれており、保湿しても潤いが浸透しにくいためケアが難しくなっています。

 

■水虫が原因


かかとの乾燥と思いきや、実は水虫の可能性もあります。

角化型水虫」をご存じですか?

角化型水虫は痒みもなく、乾燥しているだけのように見えるので非常に気付きにくいです。

 

かかとをケアをしてもガサガサが治らない・・・という場合は水虫の可能性もあるので、一度皮膚科に行って相談してみましょう。

 

■足に靴が合っていない


かかとをケアをしても、ガサガサが治りにくいようであれば靴に問題があるかもしれません

足に合わない靴を履いていることで、かかとに体重が偏って皮膚が硬くなってしまうことがあります。

女性の場合、とくにヒールの高い靴はかかとに負担がかかります。

 

スポンサーリンク

 

かかとの乾燥対策

まずは、すでに硬くガサガサしているかかとの古い角質を軽石などで削って落としましょう

お風呂やフットバスに入って、かかとの角質を柔らかくして余計な角質だけをやさしく取り除いたら、しっかり保湿をしましょう。

 

■尿素入りの保湿クリームを塗る


かかとのガサガサには、尿素系の保湿クリームが効果的です。

尿素には肌に潤いを与える保湿効果と角質を柔らかくする効果があります。

 

ただし、かかとにひび割れや痛みがある場合は、尿素入りのクリームを塗るのは避けてください。

尿素入りのクリーム刺激が強いため、ひび割れなどの症状を悪化させる可能性があります。

かかとにびび割れがある場合は、きちんとした治療薬を使用して治しましょう。

 

 

■ラップパックをする


かかとに保湿クリームを塗った後にラップを巻いて、かかとをラップでパックします。

しばらく置いてからラップを外すと、普通に保湿クリーム塗るよりもツルツルになりますよ。

 

■かかとがツルツルになる靴下をはく


履くだけでかかとがツルツルになる靴下をご存知でしょうか・・・?

かかとから出た水分を逃がさず保持することで、かかとを保湿します。

私も使用したことがありますが、本当に履くだけでかかとが潤ってガサガサが解消するのでオススメです。

おわりに

かかとの乾燥は、顔や手などより放置されやすくヒドイ状態になってからケアを始めることが多いので、ガサガサを解消しにくいですよね。

かかとはもともと皮脂が出ない場所なので、新しい肌に生まれ変わる速度も遅くて2~3か月もかかります。

年齢が高くなるほど代謝も悪くなるので、ガサガサの治りも遅くなりますよ。

かかとのケアが遅いとびびが割れなどの深刻な悩みになりやすので、毎日しっかりと保湿してツルツルのかかと美人を目指しましょう。

 

スポンサーリンク